フィンランドの二大コーヒーチェーン「ロバーツコーヒー」と「エスプレッソハウス」を徹底比較!

ヘルシンキを歩いていると、街中にたくさんあるカフェ。

その中でもよく見掛けるコーヒーチェーンはどこもなんだか雰囲気が似ているけれど、どう違うの?ということで、その違いや特徴を調べて比較してみました。

まず、ヘルシンキでよく見掛けるコーヒーチェーンの二大巨頭はこのふたつ。

  •  Robert’s Coffee(ロバーツコーヒー)
  •  Espresso House(エスプレッソハウス)

日本を含めて世界中にたくさんあるスターバックスは、フィンランドではヘルシンキ近辺に3店舗しかありません。

天下のスターバックスも、コーヒー大国フィンランドでは地場のコーヒーチェーンに勝てないようです。

見やすいように、各項目を表にまとめてみました(2021年2月1日時点)。

店名(※1)ロバーツコーヒー

エスプレッソハウス

本店フィンランドスウェーデン
設立年1987年(※2)1996年
フィンランド国内
店舗数
46店舗58店舗
海外店舗数8店舗410店舗
日本進出ありなし
カプチーノ1杯4.0ユーロ4.1ユーロ
公式インスタグラム
フォロワー数(※3)
4,400人 5,917人
特徴ジェラートがおいしい北欧最大規模
コーヒーチェーン

※1 ロゴはそれぞれ公式ホームページより引用
※2 焙煎所を始めた年(1992年にカフェ業開始)
※3 ロバーツコーヒー:@robertscoffee、エスプレッソハウス: @espresso_house_finland

ロバーツコーヒー

コーヒーの苗がロゴマークの、フィンランド発コーヒーチェーン

日本の東京・埼玉(メッツァヴィレッジ)・福岡にも進出して話題になりましたね。

フィンランド以外にも、スウェーデン・エストニア・日本に出店しています。

1987年に創業者であるロバート・ポウリッグ氏がヘルシンキで小さなコーヒーの焙煎所を創業したのがはじまり。

現在の経営は息子さんと娘さんに引き継がれている、同族企業です。

なんと創業者のロバート・ポウリッグ氏から遡ること6代も前からコーヒーに携わるビジネスをしている、生粋のコーヒー一族だそうです。

ヘルシンキにある自社工場で毎日作られる、新鮮なジェラートを提供しているのが特徴。

21種類もバリエーションがあり、大きい店舗に行くとフレーバーをどれにしようか迷ってしまいます。

あたたかいコーヒーと一緒に頂くと、たまらないおいしさです。

フィンランド人が大好きなリコリッシュ味もありますが、まだ挑戦したことはありません。

コーヒーを飲むとマグカップの内側に現れる「Coffee is like a hug in a mug(コーヒーはマグカップの中でするハグのよう)」というキャッチフレーズが、かわいくて好きです。

エスプレッソハウス

コーヒー豆がロゴマークの、スウェーデン発コーヒーチェーン

北欧最大規模を誇り、フィンランド・スウェーデン・ノルウェー・デンマーク・ドイツに合計450店舗以上も展開しています。

ロバーツコーヒーがフランチャイズ・システムを採用しているのに対し、エスプレッソハウスは全てを自社内で行うことにこだわっていて、フランチャイズ展開はしていません

メトロの駅やよく行く場所の近辺に店舗数が多いので、ちょっと時間をつぶしたいときに利用する機会が多いです。

この動物たちの柄のカップがかわいくて好きだったのですが、現在は取り扱っていないようで残念です。

また復刻してくれるといいのですが。

パンにもこだわりがあり、ほとんどが自社のベイカリーで作られています。

パンに加えてサラダなどの食べ物も充実しているので、サクッと朝ごはんやランチを済ませたいときにも便利

観葉植物に囲まれたナチュラルテイストの店内はとても居心地がいいです。

わたしはダウンロードしていないのですが、コーヒーを買うたびにポイントがもらえるアプリがあり、利用者も多い印象です。

色々比べたけれど、結局はどちらもすてきなカフェ

似ているようで全然違うふたつのカフェ「ロバーツコーヒー」と「エスプレッソハウス」ですが、両者に共通しているのはコーヒーへの熱い情熱

個人的にはチェーン店よりも小さいカフェを応援することにしているのですが、店舗数や座席数も多くて便利なので、ロバーツコーヒーとエスプレッソハウスにもお世話になっています。

それぞれ訪れて、コーヒーの味や雰囲気を比較してみるのも楽しいかもしれませんね。

2件のコメント

きつねさん、こんにちは!
ロバーツ・コーヒーは行ったことあります。エスプレッソ・ハウスは知らなかったです。店舗数結構多いんですね。もしかしたら、店の前通っていて気づかなかったのかもしれませんね。フィンランドはやはりコーヒー消費大国ですね。コーヒー☕って、子供の頃は苦くて飲めなかったけど、いつからか大好きになりました。最近は、カフェラテを頼むことが多くなってきた気がします。きつねさんは1日に何杯くらいコーヒーを飲みますか?フィンランドの消費に大分貢献されているんでしょうか。ジェラートやパンも試してみたいです。

kiitos tottyさん
こんにちは!いつもコメントいただきありがとうございます(^^)
エスプレッソハウスはメトロのホームに下りる途中やショッピングモールなどによくあるので、一度は前を通っていらっしゃるはずだと思います。
わたしも子どもの頃は苦手でしたが、コーヒーのおいしさに目覚めるとたまりませんよね。
こちらでもカフェラテは大人気です。
わたしは最近毎朝ハンドドリップを1杯は必ず飲んで、そのあと気分によって家やカフェでも飲むので1~2杯飲んでいます。
しかし消費量ってどうやって計算しているのでしょうね、謎です(笑)。
ジェラートやパンも是非次回試してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です