【移転】なぜかハマってしまうヘルシンキの人気アジアンビュッフェレストラン「KUWANO」

きつね

(2022年3月追記)

現在はアラビア地区に移転したようで、食べ物のラインナップなどについては未確認です。

新住所:Hämeentie 111, Helsinki

初めて行ったときは衝撃だらけだったのに、何度か行くうちになぜかハマってしまった謎の魅力を持つアジアンレストラン「KUWANO」。

夫が同僚とのランチでよく利用するそうで、連れてってもらったのが最初でした。

平日のランチタイムはいつも満席

わたしはアジア料理がお腹いっぱい食べたくなったときや、「なんでもいいから炙りサーモンのお寿司を出せい!」という気分になったときに行きます。

今回はそんなレストランをご紹介。

終日ビュッフェスタイルのレストラン

香港出身のオーナーが営む、アジアンレストラン。

なぜ数多くある苗字の中から桑野をセレクトしたのか?完全に謎です。

ランチ・ディナーともにビュッフェスタイル。つまり時間制限なしの食べ放題です。

お値段は、平日ランチが断然お得

わたしはまだランチ利用しかしたことがありません。

豊富なメニュー

お寿司・中華・タイ・麺・スープ・サラダ・コーヒー紅茶・デザートなどがかなり豊富に揃っています。

もちろん、ヴィーガン対応メニューもあり。

最初は「なぜ寿司と中華と麺が一緒に?!」と衝撃を受けましたが、今は「全部一度に食べられるなんて天国!」と感じるようになってしまいました(慣れって恐ろしい)。

謎の天むす寿司やカニカマ寿司にも、もう驚かなくなってしまいました。華麗にスルー。

写真には写っていませんが、謎にカラフルな巻物や衝撃のパイナップル寿司などもあるので、勇気がある方はお試しください…!

中華はよくあるラインナップです。小籠包もあります。

わたしがランチに選ぶものたち

わたしがいつも選ぶのは、こんな感じ。

まずはお寿司。

サーモン系、特に炙りサーモンは普通においしくて大好きです。

おいなりさんも、ほっとする本物の味。

そして、この自分で麺の種類やトッピングを選べるヌードルもおすすめです。

チキンエキスたっぷりの中華風スープで、身体がぽかぽか温まります。

わたしは、XO醤のようなスパイスを加えながら頂きました。

中華コーナーの牛肉のピリ辛炒めと白菜の炒め、それからごまだんごもおいしいです。

さすがオーナーが香港人なだけあります。

これだけ楽しめて12.80ユーロは、ヘルシンキではかなりお値打ち。

いつも地元の人たちで混み合っているのも納得です。

レストラン情報(移転前)

Kamppiの裏口から歩いてすぐのビルの地下1階にあります。

取りすぎて、食べ残してしまわないように注意しましょう!

  • 店名
    KUWANO
  • 電話
    050 432 3222
  • ホームページ
    https://kuwano.fi/index.html
  • 営業時間・価格
    平日ランチ (11:00-16:00) :12.80ユーロ
    平日ディナー(16:00-21:30※):15.90ユーロ
    土     (12:00-22:00) :17.30ユーロ
    日     (12:00-21:30) :17.30ユーロ
    ※金曜のみ22:00まで営業
  • 住所
    Malminrinne 6, Helsinki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です