かわいいだけじゃない!フィンランド土産に大人気のムーミン紅茶8種類を飲み比べ

フィンランド土産に大人気のムーミン紅茶。

いつも家族やお友達にお土産に買うばかりで、自分では飲んでみたことがありませんでした。

少し前になんとなくスーパーマーケットで手に取って買って飲んでみたところ、想像以上においしくてすっかりハマってしまったので、どこで買えるのか、それぞれどんな味なのか、などをご紹介します。

今は毎日家からオンラインで授業をうけているので、毎朝起きたらその日の気分でコーヒーか、この紅茶を選んで淹れています。

8種類の中から「今日はどれにしようかな」と選ぶのが、とてもわくわくする時間です。

ムーミン紅茶の製造元Nordqvist社とは

この紅茶をつくっているNordqvist社は1979年に設立されたフィンランドの企業で、40年間フィンランドで愛されている紅茶メーカーです。

なんと、フィンランドに「アロマティー」というコンセプトを初めて持ち込んだのがNordqvist社だそう。

質の高い茶葉に、ベリーや果物、花などといったさまざまなフレーバーを組み合わせることにより、製品に新たな付加価値を生み出してきました。

Nordqvistホームページより引用

ホームページでは、緑茶の茶葉を日本列島の形にしてプロモーションしていて(関東あたりの地形が怪しいですがご愛敬ということで(笑))、なんだかうれしくなりますね。

どこで買えるの?

調べてみたところ、なんと日本でも販売されているようです。

フィンランド

スーパーマーケットの紅茶コーナーで買うことができます。

ムーミンショップにも売っていますが、スーパーマーケットだと半額ぐらいなのでおすすめです。

日本

ムーミンバレーパークや、カルディに売られているようです。

楽天市場でも見つけました。

ブラックティー・ルイボスティーの2種類展開

右の青い箱がブラックティー、左の赤い箱がルイボスティーです。

このふたつのシリーズ、合計8種類のフレーバーをそれぞれ飲んでみたわたしの感想をご紹介します。

フィンランドの商品としては珍しく日本語も書いてあって、日本人にはとてもうれしいですね。

ブラックティー

パッケージにはブラックティーと書かれていますが、濃い目の紅茶です。

「PÄIVÄN PARAS HETKI(一日で最高のひととき)」という名前に癒されます。

フレーバーは4種類で、各フレーバー5個ずつ入っています。

  • TSEMPPIÄ!(ブルーベリーマフィンフレーバー)
  • OLET IHANA(ワイルドストロベリーフレーバー)
  • MUUMIMAMMAN VOIMAJUOMA(ルバーブ&ストロベリーフレーバー)
  • KYLLÄ MINÄ TIEDÄN(レモンフレーバー)

TSEMPPIÄ!(ブルーベリーマフィンフレーバー)

「がんばれ!」という名前のフレーバーで、パッケージはちょっとこわがりながらスキーをしているムーミン。

パッケージを開けた瞬間からいい香りで、まさにブルーベリーマフィンのような、甘いおいしい香りと味で大好きです。

OLET IHANA(ワイルドストロベリーフレーバー)

「スイートハート」という名前のフレーバーで、パッケージは寄り添うムーミンとスノークのおじょうさん。

味はほんのり甘いストロベリーで、すごく飲みやすいしおいしいです。

MUUMIMAMMAN VOIMAJUOMA(ルバーブ&ストロベリーフレーバー)

「ムーミンママのマジックポーション」という名前のフレーバーで、パッケージはムーミンママがムーミンパパ・スノークのおじょうさん・ムーミンにドリンクを入れてあげていますね。

これが本当においしくて、お気に入りです。

ルバーブとストロベリーの組み合わせがなんともフィンランドらしくて、ほどよい甘さのかわいらしい香りでおいしいです。

KYLLÄ MINÄ TIEDÄN(レモンフレーバー)

「わかってるよ!」という名前のフレーバーで、パッケージはミイ。

フレーバーはそんなに強くなく、レモンがほんのり香ってさわやかです。

ルイボスティー

ルイボスティーはカフェインレスなので、妊娠中や授乳中の方にもOKなのがうれしいですね。

カフェインを摂ると眠れなくなってしまう方でも、時間を選ばず飲めるのでよさそうです。

「KAIKKI HAUSKA ON HYVÄÄ VATSALLE(楽しいことはみんなお腹にもいい)」という名前がかわいらしいですね。

こちらもフレーバーは4種類で、各フレーバーが5個ずつ入っています。

  • MULLE MYÖS(スロトベリーシェイクフレーバー)
  • SAATPA NÄHDÄ(チョコレートフレーバー)
  • KIRPEÄ KEPPONEN(レモンチーズケーキフレーバー)
  • VALMIS LÄHTÖÖN(バナナとバニラフレーバー)

MULLE MYÖS(スロトベリーシェイクフレーバー)

「わたしにも」という名前のフレーバーで、パッケージは駆け出すムーミン。

ストロベリーシェイクというよりも、甘すぎないいちごの風味でクセがないので飲みやすかったです。

SAATPA NÄHDÄ(チョコレートフレーバー)

「お楽しみに」という名前のフレーバーで、パッケージはスティンキー。

香りはチョコレート、お味はちょっとチョコミントっぽい新感覚な紅茶でした。

KIRPEÄ KEPPONEN(レモンチーズケーキフレーバー)

「酸っぱいトリック」という名前のフレーバーで、パッケージはメガネを持ったミイ。

あまりチーズケーキ感はなく、甘酸っぱいフレーバーでクセが少なくておいしかったです。

VALMIS LÄHTÖÖN(バナナとバニラフレーバー)

「準備万端」という名前のフレーバーで、パッケージはスニフ。

甘いバナナパウンドのような香りで、とてもおいしかったです。

8種類どれもすべておいしいのですが、わたしが特にお気に入りなのは

  • TSEMPPIÄ!(ブルーベリーマフィンフレーバー)
  • MUUMIMAMMAN VOIMAJUOMA(ルバーブ&ストロベリーフレーバー)
  • MULLE MYÖS(スロトベリーシェイクフレーバー)
  • VALMIS LÄHTÖÖN(バナナとバニラフレーバー)

の4種類です。

フレーバーティーは色々な会社が出していますが、あまり他にはないフレーバーがおいしくておすすめです。

きつね

フィンランドはもちろん、日本でも手に入りやすいので、みなさんも是非お試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です