わたしがFazerと同じぐらい好きなポルヴォー生まれの老舗チョコレート屋さん

フィンランドのチョコレートといってすぐに思い浮かぶのは、Fazerですよね。

まだ日本ではFazerほど有名ではないけれど、実はとてもおいしいフィンランドの老舗チョコレートブランドがあるのでご紹介します。

120年以上フィンランドで愛されるチョコレート屋さん

Brunbergホームページより引用

その名前は「Brunberg(ブルンベリ)」。

フィンランドで二番目に古い街ポルヴォーで1871年に創業した、老舗チョコレート屋さんです。

Fazerは1891年創業なので、20年も先輩ということになります。

以前フィンランド人のお友達と一緒に小旅行でポルヴォーに行ったとき、そのお友達が「ポルヴォーにはおいしいチョコレート屋さんがあるんだよ。わたしはそこに行くのがこの旅のメインイベント!」と言っていてお店に連れて行ってもらったのが、わたしとBrunbergの出会いです。

ファクトリーショップでたくさん味見をして、とろける食感と繊細な甘みに惚れ惚れし、お土産にお徳用パックを買い込みました。

(わたしが日本に帰国している間に、夫にほぼ全部食べられてしまっていたのですが…。)

また買いたいけど、なかなかポルヴォーへは行けないなぁ…と思っていたところ、スーパーマーケットでも売っているところを発見

フィンランド国旗カラーがかわいいラッピング

わたしが好きなのは、青いパッケージが目印のトリュフチョコレートです。

バッグの中で箱がつぶれてしまいました…涙。

300g入りのボックスタイプと、200g入りの袋タイプがあります。

味は、このミルクチョコレートだけが入っているもの、ウォルナットヌガーだけが入っているもの、そしてミルクチョコレート・ウォルナットヌガー・モカの3種類が入ったアソートもあります。

わたしはいつもミルクチョコレートを買ってしまいます。

フィンランド国旗カラーのラッピングもかわいく、来客時にお出しするのにもぴったり。

口の中でほろほろとろけるなめらかな舌触りは、こちらではなかなか出会えない繊細さです。

冷蔵庫で冷やして食べるのが、わたしの好きな食べ方です。

チョコレート以外にも

ほかにもSuukkoやリコリッシュなど、たくさんの種類のお菓子を発売しています。

Suukkoはキスという意味の、マシュマロをチョコレートコーティングしたお菓子。

形もコロンとしていてとてもかわいいのですが、わたしにはちょっと甘すぎました。

濃い目に淹れたブラックコーヒーのお供によさそうです。

まだ日本での知名度は高くないので、もっと有名になってほしいなぁと思います。

お土産にも喜ばれること間違いなしです。是非お試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です